iPod世代の音楽ブログ

05年にiPodを購入してから音楽を聴き始めたiPod世代の音楽ブログ。60s~70sロック、ジャズ、ワールドミュージックを中心に好きな音楽について書いてます。時々ゲームの話題も・・・(ゲームはスーファミ世代)

09« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»11

プロフィール

最新記事

最新コメント(コンパクト)

カテゴリ

月別アーカイブ

記事一覧

複眼RSS

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

trackback: --  /  comment: --  /  スポンサー広告

Dave Brubeck 『Dave Digs Disney』 

デイヴ・ブルーベックの 『デイヴ・ディグズ・ディズニー』 を聴きました。

"テイク・ファイヴ"でお馴染みのデイヴ・ブルーベックが、タイトル通り全曲ディズニー曲を取り上げたアルバムです。企画色の強いアルバムとはいえ、さすがにジャズマンの演奏ですからまぎれもなくジャズになっています。

Dave Digs Disney
Dave Brubeck 『Dave Digs Disney』 (1957年)

ディズニーの陽気で明るい感じと、ジャズの楽しさが、上手く合わさっている素晴らしいアルバムです。ジャズファンでなくとも、馴染みのある曲が演奏されていて、普段ジャズを聴かない人にもオススメの一枚です。

後にマイルスやエヴァンスが演奏したことで、完全にジャズスタンダードとして定着した"いつか王子様が"をジャズとして演奏したのも、このアルバムが初めてらしいですね。最初のジャズアレンジということで、その後に演奏されたものとは大分アレンジが異なっています。マイルスやエヴァンスの演奏と、比べてみるのもオモシロいですね!

それにしても、ジャズマンが全曲ディズニー曲のアルバムを発表したことに、当時のジャズファンは抵抗なかったんですかね?いまなら、売れ線狙いだ!とか言われそうですけどね(笑)。まぁ、その後マイルスもエヴァンスも取り上げてますし、当時のディズニーアニメ自体ミュージカルのようなものですから、意外と抵抗なかったんですかね?

関連記事
スポンサーサイト

テーマ: JAZZ

ジャンル: 音楽

[edit]

この記事に対するコメント

ディズニー曲と思えない

初めまして

なかなか小気味のいい曲ですね。
ディズニーがモチーフになっているとは、
全く感じられません。

久々にジャズを聞きました。

ジュン #- | URL
2010/03/18 21:57 * 編集 *

Re: ディズニー曲と思えない

>ジュン様

はじめまして。
コメントありがとうございます。

ブログ拝見させていただきました!
リコーダーの音色はとても癒されますよね。
私もクラシックですが、リコーダーのCDは一枚(三枚組ですがw)持ってます。

デイヴ・ブルーベックのこのアルバムに収録されている曲は、テーマのメロディーはまぎれのなくディズニーの原曲なのですが、演奏自体は完全にジャズなので、原曲を知っていても、知らなくてもジャズとして楽しめますね!

ヒロキ #- | URL
2010/03/19 13:22 * 編集 *

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
→http://hirok91.blog11.fc2.com/tb.php/80-6688cd51
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。