iPod世代の音楽ブログ

05年にiPodを購入してから音楽を聴き始めたiPod世代の音楽ブログ。60s~70sロック、ジャズ、ワールドミュージックを中心に好きな音楽について書いてます。時々ゲームの話題も・・・(ゲームはスーファミ世代)

07« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»09

プロフィール

最新記事

最新コメント(コンパクト)

カテゴリ

月別アーカイブ

記事一覧

複眼RSS

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

trackback: --  /  comment: --  /  スポンサー広告

Keith Jarrett 『Still Live』 

キース・ジャレットの『スティル・ライヴ(邦題:枯葉)』を聴きました。
これで、キースのアルバムを聴くのは3作目です。

枯葉
Keith Jarrett 『Still Live』 (1986年)

実はアルバムを2枚聴いた段階で、キース・ジャレットって好きじゃないかも・・・って思ってました。
人気のケルン・コンサートもソロピアノのため、いまいち聴きどころが分からず、何より彼が演奏中に発するあの"唸り声"が苦手でした(笑)。

しかし、今作を聴いてそれまでの印象は変わりました!

このトリオの演奏が素晴らしいのか、それともキースのアルバムを3枚聴いて、私の耳が唸り声に慣れたのか分かりませんが、ようやくキースの唸り声を、彼の演奏の一部として聴けました。

いままでは唸り声に気をとられ、なかなか演奏を集中して聴けなかったため気付きませんでしたが、キースのピアノってこんなに美しかったんですね。アドリブの部分で、次から次へと美しいメロディーが押し寄せてきます・・・。

やっと、私もキースファンになれそうです!
次はケルン・コンサートにもう一度チャレンジしてみますかね!

関連記事
スポンサーサイト

テーマ: JAZZ

ジャンル: 音楽

[edit]

この記事に対するコメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
→http://hirok91.blog11.fc2.com/tb.php/75-85c426ef
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。