iPod世代の音楽ブログ

05年にiPodを購入してから音楽を聴き始めたiPod世代の音楽ブログ。60s~70sロック、ジャズ、ワールドミュージックを中心に好きな音楽について書いてます。時々ゲームの話題も・・・(ゲームはスーファミ世代)

07« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»09

プロフィール

最新記事

最新コメント(コンパクト)

カテゴリ

月別アーカイブ

記事一覧

複眼RSS

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

trackback: --  /  comment: --  /  スポンサー広告

Bill Evans 『Portrait in Jazz』 

ビル・エヴァンスの 『ポートレイト・イン・ジャズ』 を聴きました。
実は、ビル・エヴァンスのアルバムを聴くのは、これでまだ2作目だったりしますw。

1枚目は以前紹介した 『モントゥルー・ジャズ・フェスティヴァルのビル・エヴァンス』 で、一番
有名な 『ワルツ・フォー・デビー』 はまだ聴けてません・・・。
(3枚組みのコンプリートを持っているのですが、まだ棚に飾ってあるだけですw)

ポートレイト・イン・ジャズ
Bill Evans 『Portrait in Jazz』 (1959年)

『モントゥルー・ジャズ・フェスティヴァルのビル・エヴァンス』 とは、だいぶ印象が違いますね。
演奏の迫力は向こうの方がありますが、コチラはシンプルで聴きやすい演奏です。

この作品を語るうえで、ステレオ、モノラル両方で収録されている"枯葉"を外すことはできない
でしょう。この時代のステレオ録音はあまり好きではないのですが、2曲続けて比べてしまいますと
モノラルとの差は歴然ですね。ステレオの方が断然迫力があります!!

演奏の方も、ビル・エヴァンスのどこまでも駆け上がるようなピアノのメロディーが印象的な、
ステレオ版の方が好みです。

やはり、ピアノトリオは最低限の音で構成されるシンプルな演奏がいいですね。
ジャズファンにピアノトリオ好きが多いのもうなずけます。

ビル・エヴァンスは、次はどのアルバムを聴こうかな?
ジャズは作品数が多くて選ぶのも大変です・・・。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ: JAZZ

ジャンル: 音楽

[edit]

この記事に対するコメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

# | 
2010/07/12 16:33 * 編集 *

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
→http://hirok91.blog11.fc2.com/tb.php/66-017333e8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。