iPod世代の音楽ブログ

05年にiPodを購入してから音楽を聴き始めたiPod世代の音楽ブログ。60s~70sロック、ジャズ、ワールドミュージックを中心に好きな音楽について書いてます。時々ゲームの話題も・・・(ゲームはスーファミ世代)

09« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»11

プロフィール

最新記事

最新コメント(コンパクト)

カテゴリ

月別アーカイブ

記事一覧

複眼RSS

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

trackback: --  /  comment: --  /  スポンサー広告

『Vive La Chanson(Membran 10CD)』 

今日、ジャズのスタンダードナンバーとされている曲の中には、もともとシャンソンの曲であった
ものも数多くあります。ジャズファンにとって、シャンソンの存在も無視できないものなのです。

そんなわけで、今日はメンブラン10CDシリーズのシャンソン集を紹介したいと思います。

『Vive La Chanson』

メンブラン10CDシリーズには2つのシャンソン集がありますが、こちらは『Vive La Chanson』
というタイトルのものです。このボックスの10枚のCDは、それぞれ歌手ごとに分けられており、
10組のアーティスト、グループの曲が各CDに分けられて収録されています。

以下、収録されているアーティスト、グループ名です。

CD1. エディット・ピアフ
CD2. ジルベール・ベコー
CD3. ジュリエット・グレコ
CD4. ジャン・ギャバン
CD5. シャルル・アズナブール
CD6. レオ・フェレ
CD7. Les Compagnons de la chanson
CD8. ティノ・ロッシ
CD9. ブールヴィル
CD10. モーリス・シュバリエ

シャンソンについては全くの素人の私でも名前ぐらいは聴いたことのある、エディット・ピアフや
ジュリエット・グレコ、シャルル・アズナブールなどのアーティストが収録されています。
なんといっても、ジュリエット・グレコの枯葉が収録されているのがジャズファンにとっては
嬉しいところ
です。

シャンソンはクセが強く、日常的に聴くにはちょっとツライものがありますが、ときどき無性に
このシャンソン独特の雰囲気を味わいたくなります。

とりあえずシャンソンを聴いてみたいという人が最初に手に取る一枚としては、安価で収録曲も
多いので最適なのではないでしょうか?


Juliette Greco "Les Feuilles Mortes"
関連記事
スポンサーサイト

テーマ: ワールド・ミュージック

ジャンル: 音楽

タグ: 箱物  安くて良いCD 

[edit]

この記事に対するコメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
→http://hirok91.blog11.fc2.com/tb.php/57-1ac5653e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。