iPod世代の音楽ブログ

05年にiPodを購入してから音楽を聴き始めたiPod世代の音楽ブログ。60s~70sロック、ジャズ、ワールドミュージックを中心に好きな音楽について書いてます。時々ゲームの話題も・・・(ゲームはスーファミ世代)

07« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»09

プロフィール

最新記事

最新コメント(コンパクト)

カテゴリ

月別アーカイブ

記事一覧

複眼RSS

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

trackback: --  /  comment: --  /  スポンサー広告

Bill Wyman 『Riverdance』 

リバーダンスは世界的に大ヒットした、アイリッシュダンスミュージカルです。
現代のケルト音楽を語るうえで、このリバーダンスは外せません。

ミュージカルといってもセリフはなく、所々にナレーションが入るぐらいです。
ケルト系の有名なミュージシャンも多数参加しており、純粋に音楽だけでも楽しめますが、
映像もある方が何倍も楽しめます!

リバーダンス・スペシャル・エディション-Japan Only-
Bill Wyman 『Riverdance - Special Edition』 (2003年)

私が持っているのは、サントラとジュネーヴでのDVDがセットになっているものです。

なんといっても圧巻なのはダンスです!
出演者が上半身を動かさず踊るタップダンスが凄まじいです。超絶です!
見てるだけで翌日、足が筋肉痛になりそうです(笑)。
どうやったらあんな踊りができるのか、全く分かりません。
(DVDを見ながら、ちょっとできるか試してみましたが無理ですww)

このタップダンスを踊るダンサーは単なるパフォーマーではなく、同時にすばらしい"演奏者"
でもあります。すばやく複雑なリズムを叩き出す、彼らの踊りは最高の打楽器演奏です。

しかし、追加されたロシア人の踊りは本当に必要なのか疑問です。
この踊りだけちょっと毛色が違います。

ケルトファンでなくとも誰でも楽しめるすばらしい作品です。
まだ見てない人はぜひ!


関連記事
スポンサーサイト

テーマ: ワールド・ミュージック

ジャンル: 音楽

タグ: ケルト 

[edit]

この記事に対するコメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
→http://hirok91.blog11.fc2.com/tb.php/50-e8574edb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。