iPod世代の音楽ブログ

05年にiPodを購入してから音楽を聴き始めたiPod世代の音楽ブログ。60s~70sロック、ジャズ、ワールドミュージックを中心に好きな音楽について書いてます。時々ゲームの話題も・・・(ゲームはスーファミ世代)

07« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»09

プロフィール

最新記事

最新コメント(コンパクト)

カテゴリ

月別アーカイブ

記事一覧

複眼RSS

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

trackback: --  /  comment: --  /  スポンサー広告

東儀秀樹 『雅楽 天・地・空 ~ 千年の悠雅』 

東儀秀樹は伝統音楽である、雅楽を演奏するアーティストです。

雅楽〈天・地・空~千年の悠雅~
東儀秀樹 『雅楽 天・地・空 ~ 千年の悠雅』 (2000年)

どうやら今作は東儀秀樹のアルバムのなかでも、最も雅楽色が強いアルバムらしいです。
ほとんど(というか全く)現代的なポップスの要素が顔を出すことはありません。
このCDで聴けるのは、癒し系なんて言葉が全く当てはまらない、極めてストイックな
一種のアヴァンギャルドミュージックともいえる音楽です。

この雅楽は、大編成の合奏形態の音楽としては、どうやら世界最古の音楽らしいです。
世界最古のオーケストラという表現が、まさにピッタリだと思います。

世界には色々な音楽がありますが、アジアの音楽が一番特殊な気がします。
専門的な知識がないので上手く言い表せませんが、楽器の入り方とか、
音の間なんかがスゴク特殊に感じます。

ガムランなどと一緒で、この雅楽も壮大なスケールの楽曲で、宇宙を感じさせる音楽です。
アジアの音楽は、他の地域の伝統音楽に比べ、特に宇宙感?みたいなものが強いと思います。
(といっても、ガムランはオセアニアだけど・・・。同じようなもんか?)

雅楽のCDなんて普通は手に取る機会自体ないと思いますが、このCDは雅楽色も強く、
TSUTAYAなんかでも借りられると思うのでオススメです。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ: ワールド・ミュージック

ジャンル: 音楽

タグ: 和楽器 

[edit]

この記事に対するコメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
→http://hirok91.blog11.fc2.com/tb.php/46-e47d9422
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。