iPod世代の音楽ブログ

05年にiPodを購入してから音楽を聴き始めたiPod世代の音楽ブログ。60s~70sロック、ジャズ、ワールドミュージックを中心に好きな音楽について書いてます。時々ゲームの話題も・・・(ゲームはスーファミ世代)

09« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»11

プロフィール

最新記事

最新コメント(コンパクト)

カテゴリ

月別アーカイブ

記事一覧

複眼RSS

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

trackback: --  /  comment: --  /  スポンサー広告

『ブルガリアの音楽』 

キングレコードの民族音楽CD『ザ・ワールド・ルーツ・ミュージック・ライブラリー』
シリーズから『ブルガリアの音楽』を紹介。

ブルガリアの音楽

ブルガリアの民族音楽といえば、神秘的なコーラスのブルガリアンヴォイスが
有名ですが、このアルバムでは、ブルガリアン・ヴォイスではない、ブルガリアの
民族音楽が中心になってます。

以下、簡単な収録内容の紹介です。

01~04. エスニックな笛の音。
05~10. 中東な感じの、民族的な速弾きのヴァイオリンが特徴。一部ボーカル入りの曲も。
11~12. 太い歌声の女性ヴォーカルのソロ。
13~15. ここでも再び、中東の民族的な速弾きのヴァイオリンが聴けます。
16~23. ブルガリアンヴォイス?風だけど、もっと土着的な女性の合唱。
24~27. 男性ヴォーカルのソロ。
28~29. パイプ系?の楽器の演奏。


ブルガリアの民族音楽は、ヨーロッパと中東の音楽が入り混じったような曲が特徴的です。
全体的にちょっと音が悪いのが気になるけど、民族音楽の音質はこんなもんです。

ブルガリアン・ヴォイス以外の、ブルガリアの民族音楽に興味がある人にはオススメ!


≪関連、オススメアルバムなど≫

〈JVC WORLD SOUNDS PREMIUM〉ブルガリアン・ポリフォニー<ブルガリア/女声合唱>  神秘の声
"左" 『ブルガリアン・ポリフォニー1.2』 (2009年)
"右" 『神秘の声』 (1987年)
 ブルガリアン・ヴォイスのアルバムとしては、この辺りが有名。
 ブルガリアン・ポリフォニーの方は2009年にSHM-CDで再発された、この1と2の
 セットがお買い得。

Seraphim
Irfan 『Seraphim』 (2007年)
 ブルガリアの民族音楽を現代的にアレンジしているブルガリアのグループ。
 こちらの『ブルガリアの音楽』にロックを融合させたようなサウンド。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ: ワールド・ミュージック

ジャンル: 音楽

[edit]

この記事に対するコメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
→http://hirok91.blog11.fc2.com/tb.php/20-454dee8c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。