iPod世代の音楽ブログ

05年にiPodを購入してから音楽を聴き始めたiPod世代の音楽ブログ。60s~70sロック、ジャズ、ワールドミュージックを中心に好きな音楽について書いてます。時々ゲームの話題も・・・(ゲームはスーファミ世代)

06« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»08

プロフィール

最新記事

最新コメント(コンパクト)

カテゴリ

月別アーカイブ

記事一覧

複眼RSS

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

trackback: --  /  comment: --  /  スポンサー広告

映画鑑賞「五線譜のラブレター」 

一か月ほど前にテレビを買ってから、ちょくちょく映画鑑賞にハマってる。

とはいっても、映画の知識なんてほとんどないので、まずは自分が興味ある音楽に関する映画から攻めてみることに。

そんなわけで、今回見たのはジャズファンにはお馴染みの作曲家、コール・ポーターの半生を描いた「五線譜のラブレター」。

五線譜のラブレター [DVD]

正直、最初は馴れないミュージカル調の演出に2時間も耐えられるか・・・と不安になりましたw。が、しかし次第に映画に引き込まれていき、最終的には完全にこの作品の虜に!

なんといっても、劇中で常に歌われているコール・ポーターの曲が素晴らしい!

彼が作曲した曲はもちろん聴いたことはありましたが、そのほとんどは歌詞のないインストゥルメンタルによるもの・・・。この映画をみて初めて歌詞を知ることになりました。歌詞の内容を見るとそのほとんどが恋の歌で、彼の生き様、そして妻リンダへの愛情がよく表れているのだと思います。

最近は私自身、歌詞のないインストの曲を聴く機会が圧倒的に多く、またそもそも歌詞カードなんてまともに見たことないほど歌詞には興味がありませんでした。(ちゃんと歌詞をみたことあるのは、FF8の主題歌"Eyes On Me"とLed Zeppelinの"天国への階段"くらいw)

この映画をみて、コール・ポーターの半生に触れて、改めて歌の素晴らしさ、そして歌詞の大切さに気付くことができました!音楽が好きなら、ぜひ一度見てもらいたい素晴らしいミュージカル映画です。


De-Lovely

サントラも購入しようかと悩み中(笑)
アラニス・モリセットの歌う"Let's Do It(Let's Fall in Love)"が良かった!
アラニス・モリセットがこういう歌を歌うのはちょっと意外でした。

スポンサーサイト

テーマ: 私が観た映画&DVD

ジャンル: 映画

[edit]

この記事に対するコメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
→http://hirok91.blog11.fc2.com/tb.php/109-08954228
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。