iPod世代の音楽ブログ

05年にiPodを購入してから音楽を聴き始めたiPod世代の音楽ブログ。60s~70sロック、ジャズ、ワールドミュージックを中心に好きな音楽について書いてます。時々ゲームの話題も・・・(ゲームはスーファミ世代)

01« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.»03

プロフィール

最新記事

最新コメント(コンパクト)

カテゴリ

月別アーカイブ

記事一覧

複眼RSS

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

trackback: --  /  comment: --  /  スポンサー広告

Chick Corea 『Akoustic Band』 

チック・コリアの『アコースティック・バンド』を聴きました。
チック・コリアは、すでにリターン・トゥ・フォーエヴァーを聴いていたので、聴いた気になって
いましたが、アコースティックでの演奏は初めて聴きました。

Akoustic Band
Chick Corea 『Akoustic Band』 (1989年)

う~ん・・・なぜかイマイチ落ち着いて聴けません。
ジャズのフォーマットなんでしょうけど、全体的にフュージョンのように聴こえてしまいます。

メンバーがそうなのか、そもそもチック・コリアがそういう人なのか、それともこの時代の録音が
自分の耳に馴染まないだけなのか分かりませんが、なかなか落ち着いて聴けません。
(実際どうなんでしょうか?)
演奏自体は良いのでしょうけど、ちょっと予想していた音とは違いました。

とはいえ、スペインはカッコイイですね!もっと他のスペインも聴きたくなりました。
(その前にオリジナルを聴かないと・・・)

いつも思うのですが、初めて聴く作品の音を聴く前に勝手に想像するのは、あまり良くない事だと
思います。何も考えずに、出てくる音を素直にありのままに聴くことが一番大切だと思います。
といっても、それが結構むずかしいのですが・・・。

まぁ、一度聴いてしまえば作品のイメージは掴めますから、次に聴くときはもっと楽しめると
思います。今度はフュージョンが聴きたいときに、このアルバムを聴いてみたいと思います。

スポンサーサイト

テーマ: JAZZ

ジャンル: 音楽

[edit]

大野雄二 『Lupin the Third Jazz -Plays the Standards-』 

ディズニー、ジブリに続いて、またまたジャズの企画ものCDを聴きました。
今回はルパン三世のジャズアレンジものです。
ルパンの作曲を担当する、大野雄二ひきいるピアノトリオによる演奏です。

LUPIN THE THIRD JAZZ「PLAYS THE STANDARDS」
大野雄二 『Lupin the Third Jazz -Plays the Standards-』 (2003年)

例によって、私はルパンのアニメもほとんど見たことがありません・・・。
ルパン作品でまともに見たことがあるのは、コナンとのコラボ作品ぐらいです(笑)。

あの作品はルパンもコナンも"ジャズ"という共通点があったため、音楽に関しても
なかなかうまくまとめられている印象がありました。たしか、初期のコナンの劇中曲には
ジャズロック風というか、キングクリムゾンみたいな曲があった記憶がありますw。

今作はルパンの曲が2曲、ジャズスタンダードが8曲という構成になっています。
ルパンの曲は"ルパン三世のテーマ"と、もう一曲はカリオストロの城の曲のようです。
ルパンの曲が少ないところをみると、ルパン目当でアルバムを聴いた人を、ジャズファンに
してしまおう!という素敵なコンセプトのアルバムのようですw。

もともとスウィング、フュージョン風の"ルパン三世のテーマ"がシンプルなピアノトリオで
演奏されているのが新鮮です。やっぱり、ジャズはピアノトリオです。

ルパン以外の曲を見てみても、ジャズファンに人気の"枯葉"や、誰もが聴いたことがある
ディズニー映画「ピノキオ」の"星に願いを"などが演奏されていて、ジャズ入門にもピッタリです。

このシリーズはたくさん出ているみたいですが、ジャズ入門ということでは、このアルバムが
最適だと思います。こういうアルバムがあると、ジャズに対する敷居が低くなって良いですね!

テーマ: JAZZ

ジャンル: 音楽

[edit]

iTunes"Genius Mix"に日本伝統音楽が・・・ 

iTunes Genius Mix(10-2-16)

ウチのiTunesのGenius Mixに、日本伝統音楽の項目(一番右下です!)が出来てました。
まさか、こんなのを作るとは・・・。しかし、左側の2つはともかく、右側の2つは・・・。
作るなら、ちゃんと作ってほしいもんです。

iTunesは家族で使っているので、ジャンルがメチャクチャです(笑)。

それにしても、Genius Mixがどういう基準でプレイリストを作っているのか分かりません・・・。
日本伝統音楽なんて、そんなに入ってないのになぜ?
ワールド・ミュージックは、もっと他に色々入ってるはずなのに、ぜんぜん作ってくれませんw。

いろいろとツッコミどころ満載なGenius Mixですが、ある程度は曲調ごとに分けてくれるので
良いですね。なぜこのプレイリストにこの曲が・・・、なんてのもオモシロいですしね!

テーマ: 音楽

ジャンル: 音楽

[edit]

Bill Evans 『Portrait in Jazz』 

ビル・エヴァンスの 『ポートレイト・イン・ジャズ』 を聴きました。
実は、ビル・エヴァンスのアルバムを聴くのは、これでまだ2作目だったりしますw。

1枚目は以前紹介した 『モントゥルー・ジャズ・フェスティヴァルのビル・エヴァンス』 で、一番
有名な 『ワルツ・フォー・デビー』 はまだ聴けてません・・・。
(3枚組みのコンプリートを持っているのですが、まだ棚に飾ってあるだけですw)

ポートレイト・イン・ジャズ
Bill Evans 『Portrait in Jazz』 (1959年)

『モントゥルー・ジャズ・フェスティヴァルのビル・エヴァンス』 とは、だいぶ印象が違いますね。
演奏の迫力は向こうの方がありますが、コチラはシンプルで聴きやすい演奏です。

この作品を語るうえで、ステレオ、モノラル両方で収録されている"枯葉"を外すことはできない
でしょう。この時代のステレオ録音はあまり好きではないのですが、2曲続けて比べてしまいますと
モノラルとの差は歴然ですね。ステレオの方が断然迫力があります!!

演奏の方も、ビル・エヴァンスのどこまでも駆け上がるようなピアノのメロディーが印象的な、
ステレオ版の方が好みです。

やはり、ピアノトリオは最低限の音で構成されるシンプルな演奏がいいですね。
ジャズファンにピアノトリオ好きが多いのもうなずけます。

ビル・エヴァンスは、次はどのアルバムを聴こうかな?
ジャズは作品数が多くて選ぶのも大変です・・・。

テーマ: JAZZ

ジャンル: 音楽

[edit]

Carl Orrje 『スタジオジブリ作品集2』 

前回のディズニーに続いて、またTSUTAYAでジャズ?の企画ものをレンタルしてきました。
今回はジブリのジャズアレンジものです。ジブリの企画CDも数多くありますが、その中から
ジャズピアニストが演奏しており、期待できそうな本作を借りてきました。

こうした企画ものをためらいもなく聴けるのは、ジャズ初心者の特権だと思います(笑)。
ジャズファンになればなるほど、企画ものを手に取る機会は少なくなるでしょうし・・・。

スタジオジブリ作品集II
Carl Orrje 『スタジオジブリ作品集2』 (2006年)

実は私はジブリ作品には、それほど思い入れがありません・・・。
正直まともに見たことがある作品は「もののけ姫」ぐらいしかないんです(笑)。

また、主にジブリ作品に曲を提供している、久石譲に関してもそれほど関心はなく、せいぜい
マイク・オールドフィールドの『チューブラー・ベルズ』をカバーしていたり、映画「ソナチネ」で
チューブラー・ベルズを意識した曲を作曲している、といったぐらいの知識しかありません。

ようするに、ジブリファンでも、久石譲ファンでもないわけです。
じゃあ、なんで借りたんだ?って言われそうですが・・・。

演奏しているカール・オルジェという人は、スウェーデンのジャズピアニストのようです。
どうやらクラシックのジャズ化を試みているようで、オイゲン・キケロやジャック・ルーシェの
後継者みたいに言われている人らしいです。

聴いてみたところ、上品な演奏でなかなか良い作品ですが、ジャズ色は一部の曲を除きほとんど
ありませんでした
。というよりも、そもそもジャズアレンジをうたったものではなかったようです。
ジャケットやライナーにはジャズアレンジ作品とは一言もありませんし・・・。
TSUTAYAのジャズコーナーにあったこと、演奏者がジャズピアニストであったことから、私が
勝手に勘違いしていたようです(汗)。

日本人にとっては、もはやスタンダードナンバーともいえるジブリ曲ですから、もっと本格的な
ジャズアレンジがあってもおかしくないと思うんですけどね。(私が知らないだけかも・・・)

ただ、内容自体はすばらしく、ゆったりとした休日を演出するBGMにはピッタリです。

テーマ: 音楽

ジャンル: 音楽

[edit]

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。