iPod世代の音楽ブログ

05年にiPodを購入してから音楽を聴き始めたiPod世代の音楽ブログ。60s~70sロック、ジャズ、ワールドミュージックを中心に好きな音楽について書いてます。時々ゲームの話題も・・・(ゲームはスーファミ世代)

08« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»10

プロフィール

最新記事

最新コメント(コンパクト)

カテゴリ

月別アーカイブ

記事一覧

複眼RSS

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

trackback: --  /  comment: --  /  スポンサー広告

THE BLACK MAGES 『THE BLACK MAGES』 

久しぶりにメタルを聴きました。といっても、ゲーム音楽のアレンジですが(笑)。
すっかりジャズやクラシックに慣れてしまった耳には、メタルの音圧はキツイです・・・。

というわけで、今日はおそらくウチのブログで最も一般的な話題であろうゲーム音楽の話です。
とりあげるのは、THE BLACK MAGESの『THE BLACK MAGES』です。

THE BLAK MEGESは、FFの曲をメタルアレンジして演奏するグループです。
FFの主要作の作曲を担当した、植松伸夫さんもオルガンやキーボードで参加しています。

THE BLACK MAGES/黒魔導士
THE BLACK MAGES 『THE BLACK MAGES』 (2003年)

正直いって、戦闘曲のメタルアレンジなんてものは珍しくもないわけですが、公式にこういった
アルバムが出されたことに大きな意味があるのでしょう。

全体的に無難なアレンジですが、変な派手さがないあたりはさすがにプロの仕事だと思います。
(アマチュアのアレンジは派手すぎるものが多いので・・・特にメタルは)

収録曲の中では、やはりDancing Mad(原題:妖星乱舞 FF6のラスボス曲)が一番でしょうね。
組曲形式のまさにプログレ!といった楽曲で、戦闘曲=メタルという、それまでのFFの図式を
崩した記念碑的な作品だと思います。

THE BLACK MAGESの演奏も良いのですが、個人的にはオリジナルのSFC音源のものが好み
です。SFC音源のレトロな音質が、プログレ全盛の70年代のロックの音質を思い起こさせるので、
落ち着いて聴けますw。

やはり、RPGのゲーム音楽というと戦闘曲が圧倒的に人気ですが、個人的にはそこまで好きでは
ありません。戦闘曲というのは、RPGにおいて最も聴かれる頻度が高いものですから、愛着も湧く
ものだと思いますし、ある程度デキが良いのは当たり前だと思います。むしろ、ゲームのデキを
左右するのは戦闘曲以外の音楽だと私は思います。

まぁ、なんだかんだいっても好きですけどね!戦闘曲も。

スポンサーサイト

テーマ: ゲーム音楽

ジャンル: ゲーム

[edit]

リバーダンスとファイナルファンタジー 

昨日、ブログで紹介したケルトミュージカルのリバーダンスですが、あのダンスを見たときから
チョット気になっていることがありました。
どうもどこかで、あの上半身を全く動かさない独特のダンスを見たことがある覚えがあったんです。

あれからずっと考えて、ようやく思い出すことができました!
ゲームであのリバーダンスのダンスに似た映像を、見たことがありました。

それが、このファイナルファンタジー9の映像です。


コチラがリバーダンス。


どうです?似てると思いませんか?

この日本の超有名RPGシリーズのファイナルファンタジーの音楽には、もともとケルト音楽に
影響を受けた楽曲がよく使われていました。
ということは、やはり上記の映像はリバーダンスを意識したものなのではないでしょうか?

とりあえず、思い出せてスッキリです。

テーマ: ゲーム音楽

ジャンル: ゲーム

タグ: ケルト 

[edit]

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。