iPod世代の音楽ブログ

05年にiPodを購入してから音楽を聴き始めたiPod世代の音楽ブログ。60s~70sロック、ジャズ、ワールドミュージックを中心に好きな音楽について書いてます。時々ゲームの話題も・・・(ゲームはスーファミ世代)

06« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»08

プロフィール

最新記事

最新コメント(コンパクト)

カテゴリ

月別アーカイブ

記事一覧

複眼RSS

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

trackback: --  /  comment: --  /  スポンサー広告

Osibisa 『Welcome Home』 

今日もテキトーに買った安いCDの話です(笑)。
今回のCDは、OsibisaというグループのCDです。

私が購入したCDは"Golden Stars"レーベルの『Osibisa』という3枚組CDです。
CD3枚にオリジナルアルバムの3タイトルが収録されているようです。

Osibisa

収録されているのは以下のタイトルです。
 ・『Welcome Home』 (1975年)
 ・『Ojah Awake』 (1976年)
 ・『Black Magic Night: Live at the Royal Festival Hall』 (1977年)

実はこのCDは、一ヶ月ほど前のHMVのセールで安く売られていたときに購入したものです。
しかも、丸々ポイントを使って購入したため、あまり調べずに選んだCDなんです・・・。
ですから、Osibisaというグループは全く知りませんでした(笑)。

で、肝心な内容の方ですが、一枚目の『Welcome Home』を聴いたところ、プログレ、
フュージョン色のあるアフリカン・ファンク
といった感じです。メンバーにアフリカ人が多いため
ファンク、R&Bのようにも聴こえますが、どーも楽曲のベースとなっているのはロックのように
感じます。なかにはジャズロックのような曲もあり、様々なジャンルの要素が詰め込まれた
アルバムです。

テキトーに買ったCDですが、これはアタリでした!

ところで、このOsibisaというグループはどのように評価されてるんですかね?
ネットで調べてみても、ロジャー・ディーンのジャケットのついでに語られているというパターンが
多かったです・・・。

ロジャー・ディーンが担当したのは、バンドのロゴと、1st、2ndの空とぶゾウのジャケット
のようです。あと、マイルスの『ビッチェズ・ブリュー』の人がデザインしたジャケットもあるみたい
ですね。

スポンサーサイト

テーマ: 洋楽

ジャンル: 音楽

タグ: 安くて良いCD 

[edit]

たまにはポップスも・・・ The Corrs 『Unplugged』 

最近、ジャズやクラシックばっかりだったので、
久しぶりに聴いたロック/ポップスのアルバムです。

ザ・コアーズ・アンプラグド
The Corrs 『Unplugged』 (1999年)

アイルランドのグループ、コアーズのアンプラグドでのライヴCD。
1999年だから、1st,2ndの曲を演奏してるのかなぁ?

コアーズは1stしか聴いたことないんですけど、そちらの方はボーカル曲は
ケルト色の薄いさわやかなアイルランドポップスって感じです。
インストはケルト色が強いんですけどね。

しかし、このアルバムでは全体的にケルト色が少しアップしています!
4曲目の"Toss the Feathers"や 12曲目の"Lough Erin Shore"などの
トラッドナンバーもティンホイッスルが入っていてスタジオ盤より全然イイです!
息継ぎする音まで入っていて、なかなか臨場感があります。

辺にロック過ぎず、ケルト過ぎず、あくまでもケルト色のあるポップスなところが
このグループの良いところ。

このアルバムがあればスタジオ盤はいらないかなぁ~、って感じですね。
コアーズを初めて聴くなら、このアルバムで決まりです!


このライヴでは完全にケルトに


ジミヘンのカバーも

テーマ: 洋楽

ジャンル: 音楽

タグ: ケルト 

[edit]

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。