iPod世代の音楽ブログ

05年にiPodを購入してから音楽を聴き始めたiPod世代の音楽ブログ。60s~70sロック、ジャズ、ワールドミュージックを中心に好きな音楽について書いてます。時々ゲームの話題も・・・(ゲームはスーファミ世代)

06« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»08

プロフィール

最新記事

最新コメント(コンパクト)

カテゴリ

月別アーカイブ

記事一覧

複眼RSS

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

trackback: --  /  comment: --  /  スポンサー広告

ロイヤル・フィルの30枚組激安箱、「グレート・クラシカル・マスターワークス」が届いた! 

はぁ・・・またボックスが届いてしまった。

この前、購入したバッハ全集はPCに取り込んだものの(注:入れただけでまだ一枚の聴けてないwそれどころか編集もしなくては・・・)、まだ大物はモーツァルト全集と去年買ったマイルス箱が残ってる・・・。

CD買う前に、この未聴CDの山をどうにかしないとな(笑)
分かってるんだけど、安いとつい買ってしまう・・・

P1030548.jpg

それで、今回買ったのは激安レーベル、メンブランのロイヤル・フィルハーモニー管弦楽団の30枚組ボックス。どうやらこのCD、以前一枚315円で売られていたものをまとめたものらしい。HMVで3000円ちょっとで購入。一枚あたり約100円だ。

メンブランといえばジャズやクラシック等の10枚組シリーズが有名だけど、今回のロイヤル・フィル箱はあちらに比べて外箱の作りが非常にしっかりしていてビックリ!とても30枚で3000円という激安さを感じさせない豪華な作りだ。(CDを入れてる紙のスリーブは変わらないけどw)

内容の方も評判の良い演奏が多く、また、一般的によく知られているクラシックの名曲を中心に収録されている。録音もすべて90年代の録音なので古臭さもなく、クラシック初心者やこれからクラシックを聴こうという方にもオススメのボックスかも。
スポンサーサイト

テーマ: クラシック

ジャンル: 音楽

タグ: 安くて良いCD  箱物 

[edit]

音楽本にハマりそう・・・ 

私がジャズを聴き始めて1年半ほど経ちました。
この辺りで、もう一度初心に帰ってジャズの基本を学んでみよう!

・・・っということで、宝島社新書の「ジャズ完全入門!」、「JAZZ"名盤"入門!」という本を購入してみました!

P1030269.jpg

こうした音楽本を買うのは初めてです。
(というか、そもそもまともに読書すらしたことないw)

そんなわけで、果たしてどんなものなのか、そもそも私自身本を読めるのかw・・・色々と不安がありましたが、これがけっこーオモシロいです。

音楽を聴きながら、ヒマつぶしにパラパラと読むには音楽本は最高ですね!ハマりそうです!


今回はアマゾンで購入したので、書店等でもらえるブックカバーは当然ありません。そこで、ダイソーに行き探してみました!

購入したのはコチラ!

P1030270.jpg

このブックカバーはビニール製で、なかなか良さそうです。
他にも読書の秋ということで、色々なブックカバーが売られていました。

どーせ100円ですので、いくつか買ってみて使い心地のイイものを探してみたいですね。

テーマ: JAZZ

ジャンル: 音楽

[edit]

ブリリアントクラシックスの新バッハ全集(157cd)が届いた! 



ずっとほしかった、ブリリアントクラシックスのバッハ全集が届きました!
旧箱の時からほしかったのですが、買おうと思ったときにはすでに廃盤に・・・

それが、この度内容も少し変更されパワーアップ?して新バッハ全集に。
私が購入した時は、Amazonで15000円弱。輸入盤2枚で10%offを利用して13000円ほどでした。

P1030184.jpg

開けるとこんな感じ。

CDが飛び出してるのが気になるw
なぜ反対に入れなかったんだ・・・

P1030185.jpg

以前、購入した同シリーズのモーツァルト全集では、安っぽいペラペラのフツーの紙にCDが入れられていましたが、今回はシッカリした材質に!高級感アップです。

P1030187.jpg

モーツァルト箱と比べると新バッハ箱の方がデカイ。
モツが170枚、バッハが160枚なのに・・・

このサイズアップのおかげで、入れようと思っていた場所に入らない(笑)

PDFの楽譜の方も、全曲収録となるとさすがにスゴイ。
所々はっきり写ってない個所がありそうーだけどたぶん問題ないレベル。
そもそも、楽器を演奏しない自分には必要のないモノなんだけどさ(笑)

とりあえず、聴く前にまた検盤しないとだ・・・

テーマ: クラシック

ジャンル: 音楽

[edit]

ミカラ・ペトリ「Michala Petri Plays Concertos & Sonatas For Recorder(6cd)」 

7月のCD購入枚数はたったの7枚!!

これは奇跡的な少なさです(笑)
たぶん、本格的に音楽を聴き始めたここ3~4年で一番少ないかもw
先月なんかモーツァルト箱があった時点で、100枚を軽く超えちゃってますから・・・

それで、先月購入した7枚の内の6枚がこちら。
リコーダー奏者、ミカラ・ペトリの6枚組プチボックスです。
タワレコオンラインで2000円弱でした。

25911658_412126236_185large.jpg

しかもしかも、なんと!この箱にはジャズピアノ奏者のキース・ジャレットとミカラ・ペトリが共演したCDが2枚も含まれてるんですよ!

ただ単に、リコーダー演奏のCDが安く手に入る、という理由でこのCDを買ったもんですから、これにはビックリ!でした。

リコーダーって何かと軽視されがちな楽器だけど、もともとはバロック時代からクラシックで用いられてきた由緒正しき楽器なんですよね~

しかも、小学校時代に多くの人が演奏した楽器ですから、これほどノスタルジーを感じさせる楽器は他にはないと思うんですよね。

リコーダー、オススメです!

テーマ: クラシック

ジャンル: 音楽

タグ: 安くて良いCD  箱物 

[edit]

ジャズを聴く前にクラシックも・・・アランフェス協奏曲 

先日お伝えしたジム・ホールの"アランフェス協奏曲"を聴く前に、やっぱりオリジナルのクラシックの演奏を聴いておかなければ(汗)

というわけで、近所のTSUTAYAでレンタルしてきました!
村冶佳織、演奏の"アランフェス協奏曲"です。

アランフェス協奏曲
村治佳織 『アランフェス協奏曲』 (2000年)

近所のTSUTAYAはジャズも少ないけど、クラシックはさらに悲惨な扱いになっています(涙)
わずかなスペースのほとんどが、日本人プレイヤーのCDで埋め尽くされています・・・。
その他のCDについてもバッハなんかは、よく分からないベストと、グレン・グールド、キース・ジャレット演奏のCDしか置いてないという、なんとも偏った品揃えです(笑)。
まぁ、クラシックに関してはレンタルせず、CDを買え!ということでしょう。

実はこの"アランフェス協奏曲"は少なからず思い入れのある曲なんです。
小、中学校と受けてきた音楽の授業の中で、当時唯一"良い曲だなぁ"と思った曲なんです(^^
クラシックについて何にも分からない、小、中学生にとって音楽の従業はただただつまらないものでした・・・。あれから10年たったいまなら、音楽の授業も楽しく受けれる気がするんですけどね。

それにしても"アランフェス協奏曲"は、クラシック音楽としては随分最近に作られた曲なんですね。
もっと昔の曲だと思ってました・・・。となると発表されて、わりとすぐにジャズ化が行われていたんですね。(それでも20年たってるけど・・・)

何度もジャズに取り入れられてきた"第2楽章"の哀愁ただようテーマは非常に印象的です。
全体的にメロディーがはっきりしていて、普段クラシックに馴染みのない人でも受け入れやすい曲なんでしょうね。

この曲がジャズになると、いったいどうなるのか楽しみです!

http://www.youtube.com/watch?v=zGT83feJTQI
村治佳織 "アランフェス協奏曲 第2楽章"

テーマ: クラシック

ジャンル: 音楽

[edit]

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。